ここから本文です

「エリート国との大きな差を痛感」「メッシを抑えられそうになかった」米メディア、アルゼンチンに完敗のアメリカを非難

theWORLD(ザ・ワールド) 6月23日(木)17時10分配信

この反省をロシアW杯へ活かしたい

21日、コパ・アメリカ準決勝でホスト国のアメリカ代表と優勝候補のアルゼンチン代表が激突した。試合は、世界No.1プレイヤーとの呼び声が高いリオネル・メッシのFK弾などでスコアを4-0としたアルゼンチン代表が圧勝。去年に続き、2大会連続で決勝進出を決めた。

そんな中、現地メディア『Washington Times」はアルゼンチン代表に大敗した母国アメリカ代表を「国内では、アルゼンチン戦の勝利を望む声が確かにたくさんあった。しかし、アルゼンチンに0-4の大敗を喫したことで、サッカーエリート国との大きな差を明らかに感じただろう。メッシを抑えられる可能性が微塵も感じられなかった」と報じ、非難した。

アメリカ代表の開催国優勝という大きな夢は、準決勝で相見えたサッカー大国のアルゼンチンに、無残にも打ち砕かれてしまった。だた、国内リーグのMLSも急成長を遂げているアメリカだけに、光るものは確かにあった。まだ3位決定戦が残っているが、この反省を生かして2年後のロシアW杯での更なる躍進に期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月23日(木)17時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報