ここから本文です

EURO、GL終了時点での選手ランキング発表! 1位に輝いたのはベイル、C・ロナウドを抑えてフランス代表MF

theWORLD(ザ・ワールド) 6/23(木) 19:10配信

2試合でMOMを獲得したパイェ

現地時間22日、EURO2016のグループリーグ全日程が終了した。決勝トーナメントを前にして『UEFA.com』が明らかにしている選手ランキングのトップには、ウェールズ代表FWガレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを抑えてフランス代表MFディミトリ・パイェが立っている。

フランス代表MFパイェは開幕戦のルーマニア戦に続き、第2節アルバニア戦でもマン・オブ・ザ・マッチに選出された。ちなみに今大会ではスイス代表グラニト・シャカ、スペイン代表アンドレス・イニエスタも2度マン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

グループリーグ3試合で3ゴールをあげたベイル、ハンガリー戦で2ゴール1アシストの活躍を見せこの試合でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたクリスティアーノ・ロナウドが順位を急浮上させた。

選手ランキングの元になるデータは、EURO本大会も含め、EURO予選や2016年1月1日以降のクラブでのパフォーマンスも加味されているという。

選手ランキングトップ10は以下のとおり。

1位 ディミトリ・パイェ(フランス)
2位 ガレス・ベイル(ウェールズ)
3位 トニ・クロース(ドイツ)
4位 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
5位 イバン・ペリシッチ(クロアチア)
6位 ケビン・デ・ブライネ(ベルギー)
7位 アルバロ・モラタ(スペイン)
8位 ジェラール・ピケ(スペイン)
9位 メスト・エジル(ドイツ)
10位 エデン・アザール(ベルギー)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/23(木) 19:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

なぜ今? 首相主導の働き方改革