ここから本文です

アザールも認めた“王”の足跡「サッカー史に名前を残した」 来季はプレミアリーグで対戦か

theWORLD(ザ・ワールド) 6月23日(木)20時0分配信

「もう少し長く大会に残りたかっただろう」

ベルギー代表MFエデン・アザールはスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの代表キャリア終了の瞬間を共有することとなった。それはやはり特別な時間だったようだ。

22日、EURO2016グループリーグ最終戦でスウェーデンと激突したベルギー。決勝トーナメント進出には勝利しか許されないスウェーデンであったが、結果は0-1の敗戦で、この試合がイブラヒモビッチのスウェーデン代表としての最後の試合となってしまった。それは相手チームでプレイしたアザールにとっても印象に残る出来事になったのかもしれない。英『EXPRESS』が同選手のコメントを伝えている。

「ズラタンはサッカー史に名前を残した。彼はスウェーデン代表でも多くのことを成し遂げてきたからね。彼はもっと長く大会に残りたかっただろうけど、それは僕らも同じだからね。でも彼はまだクラブレベルで大きなことを成し遂げられるだろう」

ジョゼ・モウリーニョの就任が決まったマンチェスター・ユナイテッドへの加入が濃厚と噂されるイブラヒモビッチ。それだけに今度はイングランドの地でスターの対戦が見られることになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月23日(木)20時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]