ここから本文です

イングランド代表のラファエル・マルケスに アンカーとして急成長遂げたMFが憧れた2人の選手とは

theWORLD(ザ・ワールド) 6/23(木) 21:50配信

アンカーで躍動するダイアー

グループステージで2引き分けと不安な部分も顔を覗かせるイングランド代表において、アンカーの位置で攻守に貢献しているトッテナム所属MFエリック・ダイアーの働きは非常に大きい。

ダイアーは本来センターバックの選手だったが、トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノがボランチへコンバートした。コンバートされた当初はダイアーがイングランド代表の中盤に欠かせない存在になると予想した者はそれほど多くないだろう。

では、なぜダイアーはこれほどスムーズに中盤でもプレイできるようになったのか。その理由は子供の頃に中盤で激しく相手を潰す闘犬の姿を見てきたからだ。

英『Daily Mirror』によると、ダイアーには子供の頃からのアイドルが2人いた。1人はマンチェスター・ユナイテッドで恐ろしいほどの勢いで相手を潰していたロイ・キーン、もう1人はキーンと違ってアンカーの位置から冷静にゲームをコントロールするメキシコ代表のラファエル・マルケスだ。

ダイアーは2人について「僕はキーンとマルケスのプレイを見て育ったんだ。彼らのプレイを見るのは好きだったよ。今の僕と比較するのはやめてほしいけどね」とコメントしており、2人の偉大な先輩を見ていたおかげでイメージが掴めていたのかもしれない。

マルケスといえばセンターバックも中盤もこなせるマルチプレイヤーで、足元の技術にも優れている。ダイアーとしては理想的なモデルの1人だろう。ダイアーはまだ22歳と若いが、経験も備われば彼らのように偉大なアンカーへと成長を遂げるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/23(木) 21:50

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]