ここから本文です

元フランス代表MFトゥラランがモナコと契約解消し退団 新天地はボルドー

theWORLD(ザ・ワールド) 6/23(木) 22:10配信

ベテランMFがフリーでボルドーへ

ベテランの守備的MFは新たな環境での挑戦に臨むようだ。フランスリーグアンのモナコが22日、元フランス代表MFジェレミー・トゥラランの今季限りでの退団を正式に発表。彼は新シーズン、ボルドーでプレイすることがすでに決まっている。

フランスのナントでプロデビューを果たしたトゥラランは、2006年より加入したリヨンで頭角を表すと2013年にマラガへ移籍。持ち前の安定感と堅実な守備スタイルによってリーガエスパニョーラでも異彩を放ち、モナコへは2013年より加入していた。また32歳のトゥラランは2017年まで同クラブとの契約を残しているため、ボルドーへの移籍に際し、通常であれば違約金が発生するものの、モナコ側は近年のクラブ躍進への多大なる貢献を踏まえ、トゥラランにフリートランスファーでの移籍を承認。彼の新天地への旅立ちにひと役買うこととなった。モナコは公式サイトにおいて次のように綴っている。

「トゥラランは新たな刺激を求め、ボルドーへ移籍することを希望してきた。クラブ首脳は、彼のここ3年間に渡るクラブへの貢献にリスペクトを表するため、この希望を承認することにした」

かつては同胞のディディエ・デシャンの再来とも持てはやされたトゥララン。彼のひたむきで誠実な人間性が、今回の円満退団に繋がったことは言うまでもないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6/23(木) 22:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]