ここから本文です

本田圭佑と同じ理論を語るエジル「若手にドイツ代表に入るためにはどうすればいいかと聞かれたら……」

theWORLD(ザ・ワールド) 6/23(木) 23:00配信

特にプレミアリーグを推奨

アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルはドイツ人選手にあるアドバイスを送っているようだ。

2013年にアーセナルへ加入すると世界屈指のプレイメーカーとして評価をさらに高めているエジル。レアル・マドリード時代は好不調の波が激しいという批判を浴びることも少なくなかったが、アーセナルでは連続アシスト記録なども含め、プレミアリーグ屈指の攻撃的MFという評価を確立した。それもあってかドイツ人選手はプレミアリーグに来るべきだと独『Sport Bild』のインタビューで話している。

「ドイツの小さなクラブでプレイしているとドイツ代表に入るのは難しい。ドイツの若い選手たちのレベルはどんどん上がっているし、早くから海外のクラブは目をつけているだろう。もし若手にドイツ代表に入るためにどうすればいいかと聞かれたら、イングランドに行くべきだと答えるね。海外に行くという決断は100%正しかった」

ブレーメン時代から素晴らしい才能の片鱗を見せていたエジルだが、海外移籍を経験したことによりワールドクラスへと変貌したことは明らかだ。それだけに同選手はまだ日の目を見ていない“第二のエジル”がドイツに多くいると考えているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6/23(木) 23:00

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]