ここから本文です

六甲山上から楽しむ、眺望と夕涼み

Lmaga.jp 6月23日(木)20時0分配信

六甲山上の「自然体感展望台 六甲枝垂れ」で、7月2日から光のアート『Lightscape in Rokko ~Summer Version~』が開催。また、隣接する「六甲ガーデンテラス」では、7月16日から『六甲山で夕涼み 六甲ガーデンテラスのナイトマーケット(夜市)』が行われるなど、六甲の山上で夏の夜を楽しく過ごす催しが目白押しだ。

『ライトスケープ』は、1,000万色以上の色彩表現ができる最新のLED照明で、展望台全体を覆うフレームを内側から照らす、約10分間の光のイベント。19:00からは、阪神間のパノラマ夜景や六甲枝垂れの設計などが解説される無料のガイドツアー(別途入場料要)も行われる。また『ナイトマーケット』では、飲食の屋台ブースや縁日コーナーの出店、大道芸・和太鼓等のパフォーマンスが行われるほか、ガラポン抽選会などが予定されている。

標高約880mの六甲山上に位置することから、夏でも市街地よりも約5~6度涼しく、1,000万ドルの夜景が眼下に広がる日本有数の眺望スポットの「六甲ガーデンテラス」。同施設では『~ピーターラビット™と楽しむ~六甲山英国フェア』が開催中で、関西初登場となるピーターラビットのオフィシャルカフェも期間限定オープンしている。光のイベントは8月31日まで、ナイトマーケットは同期間の土日祝とお盆のみ開催。

最終更新:6月23日(木)20時0分

Lmaga.jp