ここから本文です

Q1が本番の下位チーム、上位勢の“不必要な走行”に不満

オートスポーツweb 6月23日(木)15時51分配信

 予選Q1でトップチームの走行が、時に中団以下のチームの戦いの邪魔になることがあると、ルノーのジョリオン・パーマーが主張した。さらに彼はイエローフラッグの規則にも疑問を呈している。

2016年第8戦ヨーロッパGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)がクラッシュ

 パーマーはアゼルバイジャン バクーでのヨーロッパGPでの予選で最下位だった。Q1でメルセデスのルイス・ハミルトンがミスをしてイエローフラッグが提示された際に、パーマーはアタックラップを走っており、約0.5秒をロスしたと主張している。

 ハミルトンはQ1を通過できるタイムを記録した後、再び走行してミスを犯し、イエローを出した。

「本当にいらいらする。彼はQ1を通過する速さがあるのは明らかだ。なのに彼は、僕らが唯一のセッションでベストを尽くそうとしている時に、イエローフラッグを出すんだから」とパーマー。

「Q1でトップチームはリラックスして、まるでフリープラクティスのように走っている」
 
「でも僕らにとっては(Q1が)すべてなんだ。僕らが走る4周のうち2周で彼らにイエローフラッグを出されてしまうと、かなり痛い」

「彼らはベストタイムから1秒落ちのタイムでもQ1を通過できるのに」


 さらにパーマーは、イエローフラッグ提示中のDRS使用不可の規制は厳しすぎるとの見解を示した。
 
「(バクーでは)ターン3でイエローフラッグが出ると、ターン1への進入でDRSが使えない。本当にばかげているよ。ターン3かターン4で誰かが飛び出していても、ターン1では何の危険もないのは明らかだ」

「(この規則は)見直す必要がある」

 マノーのパスカル・ウェーレインも、Q1のアタックラップでDRSが使用不可になったために、チームメイトに負け、Q2行きのチャンスもなくしたと考えており、イエローフラッグの規則に不満を感じている。

「ターン3で誰かがコースオフしたら、メインストレートでDRSを使えないなんて、全く理解できない」とウェーレイン。

「がっかりだよ。DRSが使えるかどうかで20km/h違ってくる。Q2は可能だった」

「自分ではどうしようもないことだから、文句を言いたくはないんだけどね」

[オートスポーツweb ]

最終更新:6月23日(木)17時7分

オートスポーツweb