ここから本文です

二階堂ふみ、初のウエディング姿披露! 藤原竜也主演ドラマでヒロイン役に決定

クランクイン! 6月23日(木)6時0分配信

 俳優・藤原竜也が主演を務める日本テレビ系の新ドラマ『そして、誰もいなくなった』(7月17日放送開始)のヒロイン役として、女優・二階堂ふみの出演が決定した。民放連ドラ初ヒロインを演じる二階堂は、劇中で初のウエディングドレス姿を披露する。

【関連】「二階堂ふみ」フォトギャラリー


 『そして、誰もいなくなった』は、順風満帆な人生を送っていたある一人の男が、ある日同姓同名の見ず知らずの男と「人生」をすり替えられ、どん底に落ちながらもこの事件を画策した見えない敵と対峙していく姿を描いたサスペンス。

 藤原のほかに玉山鉄二、伊野尾慧、黒木瞳らの名前がすでに挙がっているキャスト陣。今回新たに発表された二階堂は、藤原演じる主人公、藤堂新一の恋人であり、間もなく結婚間近の婚約者・倉元早苗役を演じる。

 今回、初のウエディングドレス披露について二階堂は「新鮮な気分でした。意外と着るのが難しかったですが、すごくきれいで、女の子が憧れる要素が詰まっているなと思いました」とその所感を語る。

 また、今回の藤原との共演について「いろいろな役柄によって顔も雰囲気も変わる方だなあという印象を持っていたので、ご一緒させて頂いて、すごく勉強させて頂いています」と尊敬の念を口にした。

 スリルと衝撃が満載のストーリーについては「主人公のような人がいたら?と想像しても、置かれている状況が凄すぎて想像がつかないですね。それぐらいすごい設定のドラマです。とってもドキドキするドラマになると思います」と作品をアピールしている。

最終更新:6月23日(木)6時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。