ここから本文です

斎藤工が表紙のガイドブック、WEB受付10分で3000部が品切れ

クランクイン! 6月23日(木)16時0分配信

 俳優の斎藤工が表紙を飾る広島のガイドブック『カンパイ!広島県 広島秘境ツアーズ』が、配布開始前のWEB受付開始からわずか10分で3000部すべての予約受付終了となる大盛況ぶりを見せた。

【関連】「斎藤工」フォトギャラリー


 このガイドブックは、“広島でしか体験できない”をコンセプトに、広島の知られざる旅の魅力「秘境」をテーマとしたツアーなどが紹介されたもの。表紙では、バックパッカー経験があり、旅好きとして有名な斎藤が、趣のある家が軒を連ねる路地で、カメラに向け笑みを浮かべている。

 23日、「カンパイ!広島県」特設ウェブサイトでは予約開始前の11時50分頃より訪問者が殺到したことにより、特設サイトがアクセスしづらい状況となり、12時からの予約受付開始10分後となる12時10分には予定していたウェブ受付分3000部がすべて終了。2014年のドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』のブレイクから衰えない斎藤の人気ぶりがうかがえる。

 同ガイドブックは24日より、広島ブランドショップTAUを始め東京、大阪、福岡を中心に美容室、カフェ、コンビニ、広島県関連施設など、全国で無料配布が開始される。

最終更新:6月23日(木)16時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。