ここから本文です

王者チリと対決のコロンビアに有利なデータ? 監督の無敗記録継続なるか

SOCCER KING 6月23日(木)7時18分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準決勝、コロンビア代表対チリ代表の一戦が22日に行われ、いよいよ決勝でアルゼンチン代表と激突するチームが決まる。

 両チームとも実力は申し分なく、熱戦が予想される中、コロンビアにとっては一つの有利なデータがあるようだ。

 コロンビア紙『エル・ティエンポ』の電子版によると、コロンビアはホセ・ペケルマン現監督の指揮下でチリと3回対戦しており、一度も負けていないという。

 最初の対戦は2012年9月11日、チリのサンティアゴで行われた2014年ブラジル・ワールドカップの南米予選。この時、コロンビアは1点を先制され、しかも退場者を出して10人になりながら、最終的には1-3で逆転勝利を収めている。ゴールを決めたのはMFハメス・ロドリゲス、FWラダメル・ファルカオ、FWテオフィロ・グティエレスだった。

 2度目は2013年10月11日、同じくブラジルW杯予選の試合で、会場はチリのバランキージャ。前半に3点のリードを許したコロンビアだったが、後半にファルカオが2ゴール、グティエレスが1ゴールを決めて同点に追いつき、3-3の引き分けに持ち込んでいる。

 そして3度目は、2015年11月12日に行われた2018年ロシアW杯の予選で、この時はJ・ロドリゲスがゴールを挙げ、1-1の引き分けに終わっている。

 このように、ペケルマン体制下での戦績は3試合でコロンビアの1勝2分け。果たして22日の準決勝では、この無敗記録を更新することができるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)7時18分

SOCCER KING

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。