ここから本文です

清武弘嗣が新天地で「10番」を求める意味とは…強い覚悟で挑む勝負の時

SOCCER KING 6月23日(木)18時0分配信

「10番をつけたいですね」

 ごく自然に発せられたその一言に、驚かずにはいられなかった。清武弘嗣はどちらかと言えば、発言に慎重なタイプだったはずだ。少なくとも、セレッソ大阪からニュルンベルク(ドイツ)へと渡った4年前、彼が「10番をつけたい」と言うことはなかったし、そう思ってさえいなかっただろう。だからこそ、このセリフに4年間の成長を見る思いがする。

 言うまでもなく、「10番」を背負うには覚悟がいる。2015-16シーズン、ハノーファー(ドイツ)で背番号10を託された清武は、その重みに改めて気付かされた。「大切さが分かりました。10番はやっぱり特別な番号。ピッチに10番がいるのと、いないのとでは全然違う」。「10番」はチームとファンから最も期待され、対戦相手からは最も警戒される。たとえ本人が意識していなくても、周囲の目は明らかに変わる。

 つまり、清武は新天地となるセビージャ(スペイン)で、その重圧を自ら望んでいることになる。

 例えば、いわゆる“欧州組”の中でも、香川真司や岡崎慎司と比較して、清武の活躍は見過ごされがちだ。ニュルンベルクやハノーファーでプレーすることは、残留を目標とする下位クラブで奮闘することを意味した。繊細なテクニックと攻撃センスを武器とするMFにとって、長所を発揮しにくい状況だったことは想像に難くない。清武が振り返るのはニュルンベルクに加入した4年前のことだ。

「最初はなめられていましたよ(笑)。『何だ、日本人か』という感じだった。だから練習で一度、ガツンと削りに行ったんです。今思えば少し危険なプレーでしたけど、そこから周囲の自分を見る目が一気に変わりました。自分がその場にいることを認めてもらわないと意味がないし、当時の(ディーター)ヘッキング監督は、無名の僕をトップ下として考えてくれていた。だから、自分がどこかで示さなければいけないと思ったんです」

 自己主張しなければ、海外では生き残れない。これはサッカーがチームスポーツである以上、海外に挑戦する日本人選手にとって永遠のテーマであり続けるだろう。本来の能力を発揮する機会すら与えられず、不本意な形で欧州挑戦に幕を引いた日本人選手の話は、もう珍しくもなくなった。だからこそ、4年間でブンデスリーガ117試合に出場し、17ゴールと30アシストを積み重ねた清武の実績は、見過ごされてはならない。

 そう考えたとき、「10番をつけたい」という言葉が本当に理解できる。否応なく注目される「10番」を背負うことは、新天地で清武が自分を主張し、居場所を確保するための、恐らく最短ルートなのだ。「背番号は自分を象徴するものだと思うし、それに見合った活躍をしないといけない。自分がどこまでできるのか、ワクワク感しかない」。その言葉には、これまでの経験に裏付けられた自信の強さが感じられた。

 セビージャはこの夏、「10番」をつけていたホセ・アントニオ・レジェスと、トップ下のレギュラーだったエベル・バネガを放出。その穴を埋めるために、清武とパブロ・サラビアを獲得した。サラビアはレアル・マドリードの下部組織出身で、ヘタフェで10番を背負っていたMF。だが、清武にとってライバルの存在は望むところだ。「激しい競争が待っていると思います。でも、それは自分が待ち望んだこと。絶対にポジションを取りますよ。絶対に負けない。トップ下でプレーするのが一番の目標です」。

 そして何より、セビージャではチャンピオンズリーグの大舞台が待っている。「あの熱さと雰囲気、そしてアンセム。早く体感したい」と胸を躍らせるのは、その先に2年後を見据えているからだ。「必ず2年後のワールドカップに役立つ」。たった6分間しかピッチに立つことを許されなかった2014年のブラジルW杯。清武はその時の悔しさを忘れたことはない。

 思えば、4年前のロンドン・オリンピックで日本をベスト4に押し上げた頃から、清武は未来の日本代表を背負う存在と見なされてきた。2018年のロシアW杯では、当然のように主役になるものと思われてきた。だが、時間が無条件に人を成長させるわけではない。だから、清武はよりリスクが少ない選択肢――実際にヘルタ・ベルリンなどから熱心なオファーが届いたという――を選ぶことはなかった。

「自分にもプレッシャーをかけていますし、それに絶対に打ち勝たないといけない。別に失うものはないです。自分が挑戦して、そこで勝つだけ。セビージャのようなビッグクラブでも絶対にポジションを取って、ハノーファーのように自分中心のチームにしたいという気持ちを強く持っている」

 2015-16シーズン、史上初のヨーロッパリーグ3連覇を達成したセビージャには、新シーズン開幕前からビッグマッチが待っている。CL覇者のレアル・マドリードと戦うUEFAスーパーカップがあり、そしてリーガ王者のバルセロナと対戦するスーペル・コパ(スペイン・スーパーカップ)もある。「めっちゃ楽しみにしています。でも、そこまでにポジションを取らないといけない。強豪との対戦は楽しみですし、絶対にW杯につながると思う」。

 そのピッチに、背番号「10」をつけた日本人は立っているだろうか――周囲の期待は膨らむが、もちろん、それが清武のゴールではない。ロシアW杯のピッチに立つ日まで、濃密な2年間が彼を待っている。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)18時7分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]