ここから本文です

信頼に応える2得点…ポルトガル指揮官がC・ロナ称賛「真価を発揮した」

SOCCER KING 6月23日(木)17時0分配信

 22日に行われたユーロ2016・グループステージ第3節、グループFではハンガリー代表とポルトガル代表が対戦して3-3の引き分けに終わった。ハンガリー代表はグループ首位、ポルトガル代表は同3位で決勝トーナメントへ進むこととなった。

 グループステージ3試合を全て引き分けで終え、勝ち点3で決勝トーナメント進出を果たしたポルトガル代表。フェルナンド・サントス監督が試合を振り返ってコメントした。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 サントス監督は「(グループ)首位通過を狙っていたけど、それを果たすことはできなかった。2試合を終えた後に『良いサッカーをしているが、得点を決めることができていない』と言ったが、今日は逆(の展開)だったね。ゴールを決め、チャンスを作ることはできたけど、守備は緩かった」と、3失点を喫した一戦を振り返った。

 ハンガリー代表戦ではFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が2ゴールを挙げ、マン・オブ・ザ・マッチ(MOM)を受賞した。サントス監督は試合前、「彼があらゆることを乗り越え、最高のプレーを見せてくれると信じている。最高のプレーとはゴールを決めることだ」とコメントしていたが、まさに期待どおりの活躍となった。

 同監督は「彼は真価を発揮してくれたね。彼は勝者だ。だからこそ、ゴールを決めなければならなかった。クロアチア戦に向けて自信を深めることができただろう」とC・ロナウドを称えている。

 ポルトガル代表の決勝トーナメント1回戦は25日、グループDを首位で通過したクロアチア代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)17時0分

SOCCER KING