ここから本文です

岡崎所属レスター、メンディと4年契約へ…カンテと同タイプの23歳MF

SOCCER KING 6月23日(木)11時52分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが、ニースに所属する元U-21フランス代表MFナンパリス・メンディの獲得に迫っている。レスターの地元紙『Leicester Mercury』が22日に報じた。

 同紙によると、メンディのレスター移籍が合意に達した模様。契約の細部を詰める作業が残っているものの、移籍が破談になる恐れはないとのことで、数日中にも正式発表がなされる見込みだ。契約期間は4年と報じられている。

 メンディは現在23歳。今シーズンのリーグ・アン全38試合に先発出場し、4位に躍進したニースをキャプテンとして支えた。身長168センチメートルと小柄な同選手は、豊富な運動量や巧みなポジショニング、優れたパスセンスなどが特長。複数クラブからの関心を報じられ、移籍の可能性を取り沙汰されているフランス代表MFエンゴロ・カンテと似た体格で、プレースタイルも似ている。レスターは同選手の移籍に備え、後釜候補としてメンディを獲得すると見られている。

 なお、7日付のイギリス紙『エクスプレス』によれば、レスターがメンディ獲得に向けて提示した移籍金は1200万ポンド(約18億7000万円)。当時の報道でもすでに、同選手との個人合意に至ったと伝えられていた。

 なお、メンディは2010年から2013年にかけて所属したモナコでクラウディオ・ラニエリ監督の下でプレーしていたことがある。プレミアリーグ王者として臨む来シーズン、レスターで“師弟関係”が復活することになりそうだ。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)11時52分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。