ここから本文です

肋骨4本骨折の清水FW大前元紀、全治3カ月と判明…町田戦で負傷

SOCCER KING 6月23日(木)12時31分配信

 清水エスパルスは23日、FW大前元紀の負傷状況について続報を発表。同選手が静岡市内の病院で検査を受け、全治3カ月と診断されたことを伝えた。

 大前は8日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節のFC町田ゼルビア戦に先発出場して先制ゴールを挙げたが、相手選手との競り合いで負傷。40分に交代を強いられた。翌9日には検査結果が発表され、左第5・6・7・8肋骨骨折と肺挫傷と診断されたことが伝えられていた。今回の発表では全治の見込みが追加された形となる。

 大前は1989年生まれの26歳。流通経済大学付属柏高校出身で、2008年に清水に加入した。2013年にはデュッセルドルフへ完全移籍。2014年5月に清水へ完全移籍で復帰した。今シーズンは明治安田生命J2リーグ第17節まで全試合に出場し、得点ランキング首位の12ゴールを記録。第19節を終えた現時点でも同ランキングのトップを維持している。

 清水は明治安田生命J2リーグ第19節終了時点で8勝6分け5敗、勝ち点30の8位。次節は26日、レノファ山口FCとアウェーで対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)12時32分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。