ここから本文です

パリSGがバルサの倍額、年俸36億円提示も…ネイマール、残留が有力か

SOCCER KING 6月23日(木)17時57分配信

 バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、同クラブへ残留することが有力となった。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が21日に報じている。

 移籍の可能性を連日報じられ、去就に注目が集まっているネイマール。代理人を務めるワグネル・リベイロ氏が「現在、彼を獲得したいと思っていて、バルセロナに違約金(移籍金)2億ユーロ(約237億円)を払うことができるビッグクラブは世界に3つある」とコメントしたことが移籍報道に拍車を掛けている。

 しかし今回の報道では、ネイマールがバルセロナに残留することが有力となっている模様だ。数日前までは予断を許さない状況だったものの、同クラブはネイマールの残留に楽観的な姿勢を見せているという。同選手は金銭面ではなく、プレー面を考慮してバルセロナに留まることを望んでいるようだ。

 同紙は、ネイマールの選択肢が2つに絞られていると伝えた。1つ目はバルセロナに残留し、2022年までの新契約にサインをすること。契約を延長した場合、移籍金額は2億3000万ユーロ(約272億6000万円)まで上昇する模様だ。そして2つ目は今夏にパリ・サンジェルマンへ移籍すること。移籍金は1億9000万ユーロ(約225億2000万円)で、同クラブは年俸3000万ユーロ(約35億6000万円)の5年契約を提示しているという。報道によれば、パリ・サンジェルマンが提示した年俸額はバルセロナの2倍にあたる。ただ上記のとおり、ネイマールは金銭面の問題ではなくプレー面を考慮しており、バルセロナ残留が有力と見られている。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)17時57分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。