ここから本文です

ユーロ敗退で代表引退のイブラ、通算62得点は「素晴らしい思い出」

SOCCER KING 6月23日(木)17時15分配信

 ユーロ2016・グループステージ第3節が22日に行われ、グループEでスウェーデン代表はベルギー代表と対戦し、0-1で敗れた。試合後、同国FWズラタン・イブラヒモヴィッチがコメントを残した。イギリスメディア『BBC』などが報じている。

 21日に今大会限りでのスウェーデン代表引退を発表したイブラヒモヴィッチ。ベルギー戦に敗れ、スウェーデン代表の敗退が決まったため、同試合がイブラヒモヴィッチにとっての代表ラストマッチとなった。

 同メディアによると、大会を終えたイブラヒモヴィッチは、「残念な結果だ。だけど同時に俺はこの大会を楽しんだ。俺たちはスウェーデンを代表して、ユーロを戦う責任を持ってプレーした」とコメント。1分け2敗で未勝利のままフランスを去ることになったが、胸を張った。

 代表通算116試合に出場し62得点を記録したイブラヒモヴィッチ。キャリア全体を振り返って、「自分が達成したことを誇りに思う。マルメという小さな町で生まれた単なる少年が、国を代表するようになった。スウェーデン代表ではたくさんの素晴らしい思い出がある」と満足げに語った。

 また、同国代表監督を務めるエリック・ハムレン氏もイブラヒモヴィッチに関してコメント。「スウェーデンのような小さな国で、彼のような選手を見つけることはできないだろう。彼は実にユニークな選手だった」と代表引退を惜しんだ。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)17時17分

SOCCER KING