ここから本文です

香川がタグ・ホイヤーの大使に就任…時計を左手に「未来を見るだけ」

SOCCER KING 6月23日(木)18時54分配信

 日本代表のMF香川真司(ドルトムント)が23日、スイス時計ブランド「タグ・ホイヤー」のアンバサダーに就任し、都内で開かれた発表会見に登壇した。

 今回、「常に挑戦を続け、道を切り拓くスタイルがタグ・ホイヤーのスタイルと共通する」ことからアンバサダーに任命。リュック・ドゥクロワ副社長から新作時計を贈呈された香川は、「デザインもかっこいいし、つけ心地もいいです。色々な洋服に合いそう。練習や試合に行く時はもちろん、プライベートで食事に行く時など、すべてのシーンで使いたい」と笑みを浮かべた。

 タグ・ホイヤーは『#Don't Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)』というスローガンを掲げている。「大事な試合で割と緊張したり、そういうところで結果を残せなかった」とこれまでを振り返った香川は、「ワールドカップなどで結果を残せていない。でも、それを自分の経験として生かせるように。自分に打ち勝っていけるように、日頃から自分と向き合うことを大事にしている」と語る。

 また、女優の平愛梨さんと交際宣言をした同代表DF長友佑都(インテル)の話題を振られる場面も。報道陣から「香川選手のアモーレ(イタリア語で「愛する人」の意)は?」と問われると、「僕はタグ・ホイヤーにアモーレしたい」と切り返し、会場の笑いを誘った。

 同社から贈られた時計を左手に、「過去は変えられないので、未来を見るだけ。前を向いて、どんな未来が自分にあるのかを想像しながら、日々生きています。自分自身で切り拓ける未来はたくさんある」と力を込めた。

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)18時54分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]