ここから本文です

鹿島FWジネイが契約満了、6月末で退団「最後まで貢献したい」

SOCCER KING 6月23日(木)18時49分配信

 鹿島アントラーズは23日、ブラジル人FWジネイが6月末で契約満了となり、退団することが決まったと発表した。

 ジネイは1983年生まれの32歳。昨シーズン開幕前に鹿島加入が発表されたが、メディカルチェックで右膝半月板の損傷が見つかったため、契約締結が先延ばしに。同年5月1日に改めて加入が決まり、同16日に行われた明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第12節のサンフレッチェ広島戦でデビュー。同試合で初ゴールを挙げた。しかし6月20日の第16節横浜F・マリノス戦で負傷し、右ひざ前十字じん帯および右ひざ半月板損傷で全治8カ月との診断を受けた。

 ジネイは今シーズンに入って実戦復帰を果たし、明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節終了時点で5試合出場1ゴール。通算ではリーグ戦9試合出場2ゴールを記録している。

 契約満了にあたり、ジネイは以下のようにコメントしている。

「アントラーズを離れることとなり悲しい気持ちでいっぱいですが、このクラブで学んだことをこれからのキャリアで活かし、人生の糧にしたいと思います。クラブ、スタッフ、選手、そしてサポーターの皆さんには、最初から最後まで暖かく接していただき、感謝の言葉しかありません。選手としてはクラブを離れますが、これからはアントラーズのサポーターが一人増えます。クラブが再び常勝というレールの上を走れるよう、僕も精一杯応援していきたいと思います」

「サポーターの皆さんには、僕が苦しい時も応援していただき心から感謝しています。短い間でしたが、本当にありがとうございました。今シーズン、チームはここまで良い状態で勝ち点を積み上げています。前半戦を笑顔で終えられるよう、自分も最後までチームに貢献したいと思います。そして、この良い流れを継続して、今季終了時に最高の朗報が届くことを心から願っています」

SOCCER KING

最終更新:6月23日(木)18時49分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]