ここから本文です

[EURO]“目覚めた”C・ロナウドが2G1A!! ポルトガル、驚異的な粘りでGL突破

ゲキサカ 6月23日(木)3時1分配信

[6.22 EURO F組第3節 ハンガリー 3-3 ポルトガル リヨン]

 EURO2016は22日、グループリーグ第3節4日目を行い、F組では1勝1分の勝ち点4で決勝トーナメント進出を決めている首位のハンガリー代表と2分の勝ち点2で3位のポルトガル代表が対戦。ハンガリーがリードを奪えばポルトガルが追い付く展開が続き、試合は3-3のドローに終わった。勝ち点1を分け合った結果、ハンガリーの首位通過、ポルトガルの3位通過が決まった。

 引き分け以上でグループリーグ突破が決まるポルトガルが序盤から積極的にシュートを狙うが、先制したのはハンガリーだった。前半19分、MFバラージュ・ジュジャークが蹴り出したCKのこぼれ球を、FWゾルターン・ゲラが胸トラップからの強烈な左足シュートをネットに突き刺してスコアを1-0とした。

 1点のビハインドを背負ったポルトガルは前半28分、ゴール前で得たFKをFWクリスティアーノ・ロナウドが直接狙うが、枠を捉えたボールは好反応を見せたGKガーボル・キラーイに弾き出されてしまう。しかし、このまま前半終了かと思われた同42分、C・ロナウドのスルーパスからPA内に進入したFWナニが、左足シュートでネットを揺らして試合を振り出しに戻した。

 1-1のまま後半を迎えると試合は激しく動く。立ち上がりの後半2分、ジュジャークが直接狙ったFKが壁に当たってコースが変わりながらもゴールネットを揺らし、再びハンガリーが1点のリードに成功。しかし同5分、右サイドからMFジョアン・マリオが送った低い弾道のクロスを、C・ロナウドが華麗なヒールでゴールに流し込み、すぐさまポルトガルが同点に追い付いた。

 エースの今大会初ゴールでポルトガルが勢いに乗るかと思われたが、後半10分にまたもやハンガリーが勝ち越しに成功する。ジュジャークが直接狙ったFKは壁に阻まれながらも、こぼれ球を自ら拾って左足シュートまで持ち込むと、ボールは相手DFに当たりながらもゴールネットを揺らしてスコアは3-2となった。だが同17分、ショートコーナーからFWリカルド・クアレスマが送ったクロスをC・ロナウドがヘディングで叩き込み、またもやポルトガルが試合を振り出しに戻した。

 その後は両チームともに勝ち越しゴールを狙ったものの、相手の粘り強い対応に遭ってスコアは動かず。激しい打ち合いとなった試合は3-3のまま終了のホイッスルが吹かれた。

最終更新:6月23日(木)3時3分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。