ここから本文です

「来い、俺のところに来い!!」…浦和FW李、大逆転勝利に導く決勝弾

ゲキサカ 6月23日(木)6時30分配信

[6.22 J1第1ステージ第13節 浦和 3-2 FC東京 埼玉]

 スペクタクルな逆転勝利へと導いた。前半だけでFC東京に2点のリードを許した浦和レッズだったが、後半21分と同27分にDF槙野智章がネットを揺らして一気に同点に追い付くと、同33分に決勝点が生まれる。試合を決めたのはFW李忠成だった。

 FKの流れからPA外にボールがこぼれてくると、反応したMF阿部勇樹が右足を強振。凄まじい勢いで飛び出したボールはクロスバーに弾かれてしまうが、ボールは「来い、俺のところに来い。体のどこでもいいから決めてやるという思いで、シュートのリバウンドを待っていた」李の元へ。

 勢い良く向かってくるボールに対しても、「自分のところに来ると思っていたから、そんなに驚くこともなかった」。そして、「イメージは肩でした」と体で押し込み、決勝ゴールを記録した。

 チームはここ5試合未勝利、前節には3連敗を喫して第1ステージ優勝の可能性がなくなった。「良いサッカーをしていてもずっと負けていた。サポーターも悔しかっただろうし、僕たち選手も悔しかったので、『この試合に絶対に勝って流れを変える』『自分が絶対に決勝点を取る』という気持ちで試合に臨んだ」。その言葉どおり、自身の決勝点で大逆転勝利へと導き、「現実になって、すごくうれしい」と白い歯を見せた。

最終更新:6月23日(木)6時30分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]