ここから本文です

看板乗り越え転落のラベッシ、左ひじの脱臼骨折でコパ決勝は欠場へ

ゲキサカ 6月23日(木)21時22分配信

 アルゼンチンサッカー協会は22日、アルゼンチン代表FWエゼキエル・ラベッシが左ひじを脱臼骨折していることを発表した。

 ラベッシは21日に行われたコパ・アメリカ準決勝アメリカ戦で先発出場すると、開始早々の前半3分に先制点を決めた。しかし、後半途中に浮き球を処理しようとバックステップを踏むと、タッチライン際にあった広告看板に激突。そのまま逆さまに転落し、しばらく動けなかった。ラベッシはストレッチャーに乗せられて交代を余儀なくされた。

 ラベッシはニューヨークで精密検査を行うとしているが、26日に行われるチリ代表との決勝は欠場することになりそうだ。

最終更新:6月23日(木)21時22分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報