ここから本文です

ルノー、カンヌ映画祭の名を冠した限定車「キャプチャー カンヌ」を発売

carview! 6/23(木) 14:45配信

ルノー・ジャポンは6月23日、カンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージした限定車「キャプチャー カンヌ」を50台限定で発売した。車両価格は289万円。

【キャプチャーの写真をもっと見る(12枚)】

ルノーは34年の長きにわたり、世界3大映画祭のひとつであるカンヌ映画祭にオフィシャルカーを提供しており、今年5月に開催された第69回カンヌ国際映画祭では300台以上の公式車両を提供している。

キャプチャー カンヌは、キャプチャー インテンス(車両価格 267万2000円)をベースに、落ち着きを感じさせる2色の専用ボディカラー(ブルーマリーン フュメ、イヴォワール)を用意。ルーフにはブラウン(カプチーノ)を合わせ、ボディ後方の両サイドにはカンヌ国際映画祭の公式エンブレムが置かれている。インテリアはブラウン基調でまとめられ、9インチSDナビゲーションシステム、前席シートヒーター付き専用レザーシートなどが装備される。

発表会では、110年以上の長い歴史があるルノーと映画、そして1983年から関係を築いてきたというカンヌ映画祭との関わりなどについて紹介され、日本においても明日から開催されるフランス映画際2016(http://unifrance.jp/festival/2016/)に協賛する。

■キャプチャー カンヌ専用装備
・専用内装色 ブラウン+ダークカーボン
・専用レザーシート(前席シートヒーター付き)
・9インチSDナビゲーションシステム
・専用ボディカラー(2色)
・カンヌ映画祭公式エンブレムデカール
・アルミ製ペダル
・自動防眩ルームミラー
・サングラスホルダー

株式会社カービュー

最終更新:6/23(木) 14:54

carview!