ここから本文です

エディ・リーダー、東京 / 大阪で来日公演を開催

CDジャーナル 6月24日(金)16時53分配信

 解散から四半世紀を超えた今も根強い人気を誇る英国のバンド、フェアーグラウンド・アトラクションのヴォーカリストで、2014年に約5年ぶりのソロ・アルバム『ヴァガボンド』をリリースしたエディ・リーダー(Eddi Reader)が、7月4日(月)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA、7月5日(火)~6日(水)東京・赤坂 Billboard Live TOKYOにて来日公演を行ないます。チケットは現在発売中。

 エディ・リーダーは1987年にフェアーグラウンド・アトラクションを結成。ポップで朗らかなアコースティック・サウンドが話題を呼び、88年4月にリリースしたデビュー・シングル「パーフェクト」と同年6月にリリースした唯一のオリジナル・アルバム『ファースト・キッス』が全英チャートで1位を獲得する大ヒットとなりました。90年に惜しまれつつ解散した後、エディは92年にソロ・デビュー・アルバム『エディ・リーダー』を発表。以降、2014年の最新作『ヴァガボンド』まで、通算10枚のアルバムを発表しています。

 今回の来日公演には、シンガー・ソングライターとして活躍するブー・ヒュワディーン(vo, g)や元トラッシュキャン・シナトラズのジョン・ダグラス(g)を含むバンドと共に出演。ソロ名義の楽曲やトラディショナルのほか、フェアーグラウンド・アトラクション時代の楽曲も披露する予定です。

最終更新:6月24日(金)16時53分

CDジャーナル