ここから本文です

予習不要で楽しめる! 『ゴーストバスターズ』監督&出演者コメントが公開

ぴあ映画生活 6月24日(金)10時42分配信

ニューヨークを舞台に“幽霊退治”に挑む女性たちの活躍を描く『ゴーストバスターズ』が8月に公開になる。1984年には同名の作品が全世界的に大ヒットしたが、新作は、過去作を観ていなくても楽しめる映画になっているようだ。ポール・フェイグ監督とキャストのコメントが公開になった。

その他の画像

1984年の『ゴーストバスターズ』は、幽霊退治業をはじめた男たちの活躍を描いたアクションコメディで、おなじみのロゴマークや主題歌は全世界で流行した。フェイグ監督も10代で“バスターズ”にハマったそうで、キャストのメリッサ・マッカーシーも「子供の時、ゴーストバスターズになりたかったわ。私はゴーストバスターズの真似をしたし、自分はなれると思っていた」と振り返る。

しかし、夏に公開される映画はシリーズものでも、続編でもない。フェイグ監督は「僕ら独自のものを作ろうとしている。まだ人々がゴーストを見たことがない世界の話にすることは、僕にとって大切だった。僕らはすべてを最初から観ることができる。つまりオリジンストーリーなんだ」と説明。つまり、予習は不要だ! 完成した脚本は、キャストのケイト・マッキノン曰く「本当に賢くて、良い出来」だそうで、彼女は「この女性たちと共演できるなんて、やらないわけがないわよね。根強く愛されてきた映画だし、同じ映画であればオリジナルと比較されるだろうけれど、でも、新作はオリジナルとは全然違うのよ」と語る。

もちろん、主人公がチームを組んで幽霊退治をする設定や、豪快なアクション、コミカルな展開は新作にも引き継がれており、マッカーシーは「オマージュは楽しく、驚きの形で登場する」、フェイグ監督は「あの歌を耳にすることになると言っておこう」とコメント。1984年版のファンがニヤリとできる場面もありそうだ。

映画は、8月11日(木・祝)から4日間、先行公開され、19日(金)から公開になる。

『ゴーストバスターズ』
8月11日(木・祝)~14日(日) 先行公開
8月19日(金)公開

最終更新:6月24日(金)10時43分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。