ここから本文です

vivit、寺田倉庫のAPI活用して「アウトドア用品のスマートトランクサービス」の提供を開始

MarkeZine 6月24日(金)8時0分配信

vivit、寺田倉庫のAPI活用して「アウトドア用品のスマートトランクサービス」の提供を開始

画像

 キャンプ・アウトドアの初心者向けwebメディア「hinata」を運営するvivitは寺田倉庫と業務提携し、寺田倉庫が運営するオペレーションシステムのアプリケーション「MINIKURA API」を導入。アウトドア用品に特化したスマートトランクサービス「hinata trunk! (ヒナタトランク)」をスタートした。

 キャンプやアウトドアをする際に、道具の収納・保管に関する課題や問題を抱えるケースが多い。同サービスは、キャンプ道具やアウトドア用品を預ければ、使いたいときに自由に取り出すことができるもの。

 利用者は預けるための専用ボックスを購入し、アウトドア用品を詰め、発送するだけでサービスを受けることが可能。預けた道具はPCやスマホで確認でき、使いたいものを、使いたい場所へ送ることができる。使い終わったら再度倉庫へ送り返せるため、より気軽に遊びにでかけることができる。なお、月額保管料は980円(税別)。

最終更新:6月24日(金)8時0分

MarkeZine