ここから本文です

ハンゲショウが「おめかし」 越前町で白色の葉見頃

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月24日(金)10時39分配信

 7月1日の半夏生のころに咲くと言われるドクダミ科の植物「ハンゲショウ」が、越前町の福井総合植物園プラントピアで見頃を迎えている。白く"化粧した"葉が、涼しげな雰囲気を醸し出している。

 湿地や水辺に自生し、高さ50センチ~1メートル。白い花を咲かせるが、ハート形の細長い葉の片面が白く色づくのが特徴。「カタシログサ」や、葉の一部を残して白くなることから「半化粧」の呼び名もある。

 同園では、19日ごろから色づき始め、木道の両脇を美しく彩っている。見頃は7月上旬まで。

最終更新:6月24日(金)13時13分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ