ここから本文です

ブルーノート・フェスで初来日のアンドラ・デイ、単独公演も決定

bmr.jp 6月24日(金)0時30分配信

ブルーノート・フェスで初来日のアンドラ・デイ、単独公演も決定

ブルーノート・フェスで初来日のアンドラ・デイ、単独公演も決定

昨年デビューを果たすと、今年2月のグラミー賞の候補となり、授賞式の大舞台で堂々としたライブ・パフォーマンスを披露、また昨年末から放送されたスティーヴィー・ワンダーと共演したCM映像でも話題となった大型新人アンドラ・デイが9月に初来日を果たす。

ビリー・ホリデイ、ニーナ・シモン、エタ・ジェイムス、ローリン・ヒルらに影響を受けたというジャジーでソウルフルな歌声が特徴的なアンドラ・デイは、偶然スティーヴィー・ワンダーの妻の目に留まったことがきっかけでスティーヴィーに自身の歌声を聞いてもらう機会を得たことでデビューへの道を切り拓いた人物。Warner Bros. Recordsとのメジャー契約を手にした彼女は、フラミンゴズの1959年のヒットを参照したリード・シングル“Forever Mine”で、エイミー・ワインハウスやリアーナらとの比較も生んだその歌声もさることながら、『ドゥ・ザ・ライト・シング』、『ジャングル・フィーバー』、『マルコムX』などで知られる映画監督のスパイク・リーが自ら志願して制作されたというミュージック・ビデオでも話題に。

そして昨年8月にデビュー・アルバム『Cheers To The Fall』を発表。ディアンジェロやジョス・ストーンらのプロデュースで知られるラファエル・サディークが半数近い6曲をプロデュースし、ザ・ルーツのクエストラブやジェイムス・ポイザーから、DJジャジー・ジェフ、ダップ・キングスといった錚々たる面々が演奏で参加している。

ヴィンテージでクラシックな雰囲気を持つ彼女の存在が大きく注目されたのは昨年末からだ。昨年のクリスマス・シーズンに放送されたAppleのCMで、スティーヴィー・ワンダーと“Someday At Christmas”で共演を果たし、そして今年2月に授賞式が開かれた第58回グラミー賞で、『Cheers To The Fall』がグラミー賞の最優秀R&Bアルバム部門、“Rise Up”で最優秀R&Bパフォーマンス部門と2部門の候補に。惜しくも授賞は逃したものの、授賞式では共演相手のエリー・ゴールディングを食う、堂々としたライブ・パフォーマンスが大きな話題に。また、現在絶賛プロモーション中となる最新シングル“Rise Up”は、ミュージック・ビデオを『シックス・センス』などで有名な映画監督のM・ナイト・シャマランが担当、さらに聴く者を鼓舞するメッセージを備えた同曲のライブ・パフォーマンスは、CNNが毎年、人道的な活動をしている人たちを讃える『CNN Heroes』など様々な舞台で披露され、彼女のブルージーでエモーショナルな歌声はますます評価を集めている。

今年はホワイトハウスで開かれたレイ・チャールズのトリビュート・コンサートのステージにも立つなど活躍の場を広げるアンドラ・デイが、9月についに初来日。9月17日(土)横浜赤レンガパーク野外特設ステージで開催される〈Blue Note Jazz Festival in Japan〉に、アース・ウィンド&ファイアー、ジョージ・ベンソン、ゴーゴー・ペンギンらと共に出演することが決定。さらに、19日(月・祝)と20日(火)にブルーノート東京にて初の単独公演も決定している。レトロとモダンが混ざり合う彼女の音楽世界をより間近に楽しむことができそうだ。

■ 〈Blue Note Jazz Festival in Japan〉
日時:2016年9月17日(土)開場 11:00/開演 12:00
会場:横浜赤レンガパーク野外特設ステージ
価格:
S指定席(特典あり)26,000円(税込)
A指定席 19,000円(税込)
スタンディング 10,800円(税込)
出演:Earth, Wind & Fire, George Benson, Andra Day, GoGo Penguin and more

■ ブルーノート東京 単独公演
日時:
2016年9月19日(月・祝)1stステージ開場16:00 開演17:00/2ndステージ開場19:00 開演20:00
2016年9月20日(火)1stステージ開場17:30 開演18:30/2ndステージ開場20:30 開演21:00
価格:8,500円(税込)

最終更新:6月24日(金)0時30分

bmr.jp