ここから本文です

METAFIVE、今年1月の六本木公演をJ:COMが独占無料放送

CDジャーナル 6月24日(金)16時53分配信

 高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコ、LEO今井という錚々たるメンバーからなるバンド、METAFIVE。彼らが1stアルバム『META』をリリースした直後、今年1月21日に東京・六本木 EX THEATER ROPPONGIにて行なったワンマン・ライヴの模様をまとめた「METAFIVE“METALIVE 2016”at EX THEATER ROPPONGI」が7月2日(土)20:00からJ:COMプレミアチャンネルにて独占無料放送されます。

 アルバム『META』の楽曲を中心に、高橋幸宏と細野晴臣のユニット、SKETCH SHOWが2002年に発表したアルバム『AUDIO SPONGE』の収録曲「Turn Turn」、YMOの「CUE」「Radio Junk」「Key」、TOWA TEIの「Radio」「Luv Pandemic」といったカヴァー曲も披露した当日のライヴ全編は、8月17日(水)にBlu-ray + CDの『METALIVE』(WPZL-90104~5)として発売。7月2日の放送では、『META』収録曲の「Luv U Tokio」「Don't Move」、YMOのカヴァーなど全10曲を抜粋。50分に凝縮したスペシャル・ヴァージョンとなります。6人による音楽はもとより、中村勇吾が映像演出を手がけた視覚的にも圧倒的なステージングとなっています。

最終更新:6月24日(金)16時53分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。