ここから本文です

東京ジャズのハービー・ハンコック公演にレイラ・ハサウェイ、テラス・マーティンら参加

bmr.jp 6月24日(金)19時30分配信

東京ジャズのハービー・ハンコック公演にレイラ・ハサウェイ、テラス・マーティンら参加

東京ジャズのハービー・ハンコック公演にレイラ・ハサウェイ、テラス・マーティンら参加

今年は9月2日(金)から4日(日)まで開催される〈Tokyo Jazz Festival〉だが、3日(土)のハービー・ハンコックのステージにレイラ・ハサウェイ、テラス・マーティンらの出演が決定した。

2002年に始まった日本最大級の国際ジャズ・フェスティバルである〈Tokyo Jazz Festival〉。第15回目となる今年、すでにハービー・ハンコックを始め、パット・メセニー、クリスチャン・マクブライド、上原ひろみ、セルジオ・メンデスなどの出演が発表されているが、9月3日(土)に東京国際フォーラム HALL Aで行われる昼公演に出演するハービー・ハンコックのステージに立つメンバーが決定。

2014年から3連続でグラミーに輝いている最高峰の女性ボーカリスト、レイラ・ハサウェイ。ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『To Pimp A Butterfly』で重要な役割を果たし、ハービー・ハンコックの新作のプロデュースも務めることが明らかになっている西海岸の気鋭プロデューサー/ジャズ・ミュージシャンのテラス・マーティン。この2名に加えて、アシャンティ、アリシア・キーズ、スティーヴィー・ワンダー作品からドクター・ドレーの最新作『Compton』などR&B~ヒップホップ作品を中心に活躍するドラマーのトレヴァー・ローレンス・ジュニア、そしてベテラン・ベーシストのジェームス・ジーナスの4名がハービーと共演する。

またハービー・ハンコックは、レイラ・ハサウェイをのぞき、テラス・マーティン、トレヴァー・ローレンス・ジュニア、ジェームス・ジーナスとのカルテット編成で、8月31日(水)と9月1日(木)にブルーノート東京での公演も行う。

ハービー・ハンコックが制作中のニュー・アルバムは、テラス・マーティンだけでなく、鬼才フライング・ロータスやそのフライング・ロータス作品などを支える天才ベーシスト/プロデューサー、サンダーキャットらとすでにレコーディングに入っており、「ジャズ、あるいは新しい形のジャズとつながったアンダーグラウンドな動きがあるんだ。これを定義するのはとても難しい。すごくヒップホップやラップ的だったり、エレクトロニックな要素もあれば、ジャズやクラシックの要素もあるものだから。とても広範囲で、オープンな音楽なんだ。実験的であると同時に、ストリート的でもある。私は今、その試みにすごく興味をそそられてるんだよ。私も、若者たちと一緒に何か生むことができると感じていて、だから挑戦しているんだ」と現在進行形のジャズに対する意欲的な姿勢を見せており、いずれも注目の公演となりそうだ。

■ Herbie Hancock featuring James Geenus, Lalah Hathaway, Trevor Lawrence Jr. and Terrace Martin(東京JAZZ)
日時:2016年9月3日(土)昼公演(the HALL) Open 11:30 / Start 12:30
会場:東京国際フォーラム HALL A
チケット:SS席 9,800円/ S席8,800円/ A席6,700円/ B席3,800円/ SS席1日通し券18,600 円

■ Herbie Hancock quartet featuring James Genus, Trevor Lawrence Jr. & Terrace Martin
日時:2016年8月31日(水)~9月1日(木)18:30開場/20:00開演(※1日1ショウのみ)
会場:ブルーノート東京
価格:38,000円

最終更新:6月24日(金)20時40分

bmr.jp