ここから本文です

新川の食や観光満喫 バスツアーに132人

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月24日(金)10時53分配信

 北日本新聞社のにいかわ再発見バスツアーが23日行われ、富山や高岡、射水市などから参加した132人が新川地区の名所や観光スポットを巡り、見聞を深めた。

 黒部市吉田のYKKセンターパークでは、丸屋根展示館でファスナーや窓の製造工程などを紹介する展示を見学。YKKブラジル農園の豆を使ったコーヒーも味わった。妻と一緒に参加した富山市赤田の藤田清さん(73)は「製品の製造装置から完成品まで一貫して作っていることがよく分かった」と話した。

 一行は小川温泉元湯ホテルおがわ(朝日町湯ノ瀬)で食事と入浴を楽しみ、ドライブインきんかい(同町宮崎)でタラ汁を味わった。宇奈月麦酒館(黒部市宇奈月町下立)では地ビールを試飲した。

 黒部市宇奈月国際会館セレネ美術館で常設展を鑑賞したほか、日本海味噌醤油若杉工場(上市町若杉)も見学。四十物昆布(黒部市生地中区)と魚の駅「生地」(同)、昌栄堂魚津店(魚津市友道)では買い物を楽しんだ。

最終更新:6月24日(金)10時53分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ