ここから本文です

リメイク版『ゴーストバスターズ』サントラにミッシー、マーク・ロンソン、エイサップ・ファーグら参加

bmr.jp 6月24日(金)23時30分配信

リメイク版『ゴーストバスターズ』サントラにミッシー、マーク・ロンソン、エイサップ・ファーグら参加

リメイク版『ゴーストバスターズ』サントラにミッシー、マーク・ロンソン、エイサップ・ファーグら参加

1984年に公開され、大ヒットを記録したSFコメディ映画『ゴーストバスターズ』がリメイクされ、8月から公開されるが、そのサウンドトラックの詳細が明らかになった。

メインキャスト4人を女性へと変更するなど新しいアレンジを加えた「リブート」版となる新生『ゴーストバスターズ』は、本国アメリカで来月15日に、日本では8月19日から公開予定。RCA Recordsから全米公開日の7月15日に発売されるサウンドトラックにはミッシー・エリオットらの参加が事前に明らかになっていたが、サウンドトラックのiTunes予約受付開始と共にトラックリストが公開。同時に、当時全米チャート1位のヒットとなり、グラミー賞だけでなくアカデミー賞の候補にもなったレイ・パーカー・ジュニアによる主題歌を、ミッシー・エリオットとフォール・アウト・ボーイでリメイクした“Ghostbusters (I'm Not Afraid)”の試聴音源も公開されている。

サウンドトラックには、先行シングルとしてすでに発表されていたエル・キングの“Good Girls”、ジェレマイとG・イージーのコラボレーションとなる“Saw It Coming”を始め、全14曲を収録。中にはマーク・ロンソン、パッション・ピット、エイサップ・ファーグという意外なコラボレーションも。また、レイ・パーカー・ジュニアのオリジナル版“Ghostbusters”や、デバージの1985年ヒット“Rhythm Of The Night”、またDMXの2000年ヒット“Party Up (Up In Here)”といった既発曲や、劇中では未使用となるペンタトニックスによる“Ghostbusters”カバーなども収録されるようだ。

オリジナルに出演していたビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、アーニー・ハドソン、シガニー・ウィーヴァー、アニー・ポッツらがカメオ出演しているという点でも注目されている映画『ゴーストバスターズ』は、日本では8月19日(金)全国公開だが、一部劇場では8月11日(木・祝)から14日(日)のあいだ先行上映も決定している。

なお『ゴーストバスターズ』の公開にあたっては、カリスマ的な人気を誇るラッパー、ナズが自身のアパレル・ブランド「HSTRY Clothing」で『ゴーストバスターズ』とのコラボレーション・ラインを発表したことも話題を呼んでいる。

1. “Ghostbusters” - Walk The Moon
2. “Saw It Coming” - G-Eazy feat. Jeremih
3. “Good Girls” - Elle King
4. “Girls Talk Boys” - 5 Seconds Of Summer
5. “wHo” - ZAYN
6. “Ghostbusters” - Pentatonix (※劇中未使用)
7. “Ghoster” - Wolf Alice (※劇中未使用)
8. “Ghostbusters (I'm Not Afraid)” - Fall Out Boy feat. Missy Elliott
9. “Get Ghost” - Mark Ronson, Passion Pit & A$AP Ferg
10. “Party Up (Up In Here)” - DMX
11. “Rhythm Of The Night” - DeBarge
12. “American Woman” - Muddy Magnolias
13. “Want Some More” - Beasts Of Mayhem
14. “Ghostbusters” - Ray Parker, Jr.

最終更新:6月24日(金)23時30分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。