ここから本文です

17歳・高橋彩華が逆転優勝 2位は畑岡奈紗/日本女子アマ最終日

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月24日(金)16時9分配信

福島県・グランディ那須白河GCで行われた「日本女子アマチュアゴルフ選手権」最終日、高橋彩華(17=新潟県・開志国際高3年)が5バーディ、2ボギーの「69」(パー72)でプレーして通算12アンダーで逆転し、アマチュア日本一に輝いた。

最新画像続々アップ!華やか!国内女子ツアーフォトギャラリー

昨年まで予選36ホールをストロークプレーで競い、上位32人によるマッチプレーで優勝を争った競技方式が、今年から72ホールのストロークプレーに変更。高橋は4日間を「69」「70」「68」「69」と安定感のあるプレーで優勝した。この優勝で今年10月に開催される国内女子メジャー「日本女子オープン」の出場権を獲得した。

通算9アンダー2位には畑岡奈紗(17=ルネサンス高3年)、通算8アンダーの3位に、首位で出た吉本ひかる(17=滋賀短期大学附属高3年)と、松原由美(17=大阪学院大高3年)の2人が並んだ。通算7アンダー5位に佐渡山理莉(16=沖縄県立名護高1年)、6位には12歳の梶谷翼(山陽女子中1年)が入った。

来年59回目を迎える今大会は、奈良県の奈良国際ゴルフ倶楽部で行われることが決定している。

最終更新:6月24日(金)16時23分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]