ここから本文です

【BOM】タイ人同士によるWMC王座戦が決定

イーファイト 6月24日(金)14時26分配信

 7月3日(日)東京・ディファ有明で開催される『The Battle Of Muaythai XII』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】4月の大会で、強烈なヒジで相手を圧倒し初代王座に就いた林敬明

 タイ人同士によるWMCスーパーライト級の世界タイトルマッチが行われることが決定。現王者センサターン・ソー・スラデート(タイ)にレック・エイワスポーツジム(タイ/エイワスポーツジム)が挑戦する。

 センサターンはWMCタイトルのほかにも、ルンピニースタジアムのスーパーライト級、タイ国プロムエタイのスーパーライト級のベルトを保持する三冠王。昨年6月には日本でも有名なムエタイMVP選手のヨードヴィチャー・ケムムエタイジムに勝利。今年6月にはルンピニースタジアムのメインイベントでノンタキット・ソー・チョー・レックムアンノンを破っている。

 一方、挑戦者レックは昨年9月にLOKスーパーライト級王者となった実力の持ち主。今年3月には直人(UACSキックボクシング)を1RにヒジでKOし、日本人キラーぶりを見せている。タイ国でもイサーン地方の北部ムエタイの王者になっている。

 この試合についてWMC日本の中川支局長は「普段、タイに行く機会のない方々、そして何より今ムエタイやキックボクシングを頑張っているジュニア選手の子ども達に、是非とも生でこの試合を観てほしいです」とコメントしている。

 熱戦が予想されるタイ人同士のタイトルマッチ。果たして三冠王センサターンの王座防衛なるか。

<追加対戦カード>
▼WMC世界スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
センサターン・ソー・スラデート(タイ/王者)
vs
レック・エイワスポーツジム(タイ/エイワスポーツジム/挑戦者)

最終更新:6月24日(金)14時26分

イーファイト