ここから本文です

木村カエラ、新曲「BOX」MVメイキング映像を、本編の公開に先駆けて“2本”同時解禁

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月24日(金)14時42分配信

2004年6月23日に「Level 42」でメジャーデビューを果たし、昨日23日に12回目のデビュー記念日を迎えた木村カエラが、新曲「BOX」のミュージックビデオでMicrosoft「Surface Book」とコラボレーションしている。

【詳細】MVメイキング映像はこちら

独自のスタイルで注目される気鋭の映像作家、本郷伸明氏を監督に迎え、CGクリエーターには東京大学医学部卒の日本で唯一の肩書“サイエンスCGクリエーター”瀬尾拡史を迎えて撮影が行われた。

ミュージックビデオとしては史上初の試みとなる、木村カエラのCTスキャンデータを元に、Microsoft「Surface Book」でCGを駆使してカエラの体の中がポップにビジュアライズされたミュージックビデオとなる。

そんなミュージックビデオ「BOX」の本編は6月30日の公開予定となっているが、これに先駆けてMicrosoft「Surface Book」スペシャルサイトと、木村カエラのオフィシャルサイトに、それぞれ別々のメイキング映像が公開。メイキング映像では新曲「BOX」を存分に聴くことができるので要チェックだ。

新曲「BOX」には、子供の頃は楽しいことやキラキラした出来事を宝箱のように心に詰め込んでいくのに、大人になるにつれて日常の嫌な出来事をゴミ箱のように心にため込んでしまう。だから大人になっても笑顔になれることを自分自身で探して、心をゴミ箱ではなく宝箱にしないといけない、というメッセージが込められている。

そんな「心」をテーマにした楽曲だからこそ、CTスキャンデータをもとに、心の中、心臓、体内をリアルに再現したミュージックビデオとなった。なお、新曲「BOX」のリリースに関しては後日発表となる。

木村カエラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.kaela-web.com/

最終更新:6月24日(金)14時42分

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。