ここから本文です

蛯原友里 すっかり母の顔「今は息子が一番」

リアルライブ 6月24日(金)15時33分配信

 モデルの蛯原友里が24日、都内で総合美容ライフブランド『ベネフィーク』20周年記念新製品発表会に出席した。

 20周年を記念した新ブランドムービー「ひとをあたためて、美しくする情緒編」は蛯原の幼少時から学生時代、現在に至るまでの写真を多数使用した内容となっている。

 ブランドミューズの蛯原は真っ白なロングドレスで登場し、「20周年のベネフィークさんに素敵なかたちで関わることができて嬉しいです」とニッコリ。

 新ブランドムービーの中の印象的な写真を聞かれると「赤ちゃんの頃の写真を見ると、私にもこんな時代があったんだなと思います」と振り返った。蛯原は双子で生まれ小さかったという。「大きく育ってくれるかと両親が心配していたんだなと色々なものが込み上げてきました」と感慨深げに語った。

 学生時代はショートカットでボーイッシュだったという蛯原は大学の頃からモデルの仕事を始めたという。いつ頃から美容について意識したかと問われると「小学校の時から水泳をやっていたので日焼けのことなどは全然気にしてませんでした」と笑顔で話した。

 私生活では昨年秋に第1子が誕生。蛯原は「今は息子が一番です。息子には安心して使えるもの、最近は肌に良い物を使ってあげたいと思いオーガニックには拘りをもって色々選んでいます。私たちが自分で必ず良い物と確信出来る物を使ってあげたいと思います」と母親の顔を覗かせた。

 新製品の美容液をお試しで使用したという蛯原。「驚きました。付けた瞬間に肌の奥まで浸透していく感じがリアルに感じられ、また肌が内側から温まりました」と絶賛コメント。

最終更新:6月24日(金)15時33分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。