ここから本文です

【ベラトール】計量クリアーした石井、ジャクソンとの殴り合いに自信

イーファイト 6月24日(金)15時32分配信

 6月24日(金・現地時間)アメリカ・ミズーリ州セントルイスのスコットトレードセンターで開催される『DYNAMITE 02』の前日計量が23日(木・同)行われた。

【フォト】公開計量でファイティングポーズをとる石井とジャクソン

 同大会のメインイベントで対戦する石井慧(ブラック・ハウス/レインMMA)とクイントン“ランペイジ”ジャクソン(アメリカ)はともに計量をクリアー。後は試合開始のゴングを待つのみとなった。

 計量後の会見で石井は現地メディアの取材に対し「ジャクソンは日本でも有名で、長年このMMAの世界で戦っている。彼を倒すことで僕もファイターとしてこれまで以上に名前を上げることが出来る」と試合に向けて意気込みを語った。

 また「これまで自分は寝技のファイターというイメージであったと思うが、最近は打撃も上達していて、よりコンプリートファイターに近くなってきていると思う」と話し、剛腕ジャクソンとの殴り合いにも自信をのぞかせた。

 石井と対戦するジャクソンは『PRIDE』で活躍していたため日本でもよく知られる存在。UFCにも参戦していたが、UFCとの争奪合戦の末にBellatorが獲得した。パワー溢れるアグレッシブファイトが持ち味で、昨年大みそかの『RIZIN』ヘビー級トーナメントで優勝したキング・モーに2014年5月の試合で勝利を収めている。

 世界トップファイターのジャクソンを相手に石井は勝利を飾ることが出来るか。

最終更新:6月24日(金)15時32分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。