ここから本文です

若林舞衣子と東浩子 好調2人の共通点

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月24日(金)19時45分配信

国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」2日目を終え、通算7アンダーの4位につけた若林舞衣子と東浩子が、好調のきっかけについて語った。

毎日更新!「アース・モンダミンカップ」フォトギャラリー

この日、7バーディ(ノーボギー)「65」の好スコアを叩きだした若林。「久しぶりに気持ち良く、伸び伸びとプレーができた」と笑顔を見せたが、きっかけはいくつかあった。

先週、師匠である岡本綾子や、同門の表純子、青山加織らから「スイングが縮こまって思い切り振れていない」と指摘された。

また、最近は持ち球であるドローで攻めることに不安を覚え、「左ピンの場合、(ショートサイドの)左に外すのが怖かった」と、フェードやカット目に入れていたが、イ・ボミ(韓国)のキャディである清水重憲氏に尋ねると、同じ状況でイは持ち球のドローで攻めていることを聞かされた。「すごいなと思ったけど、上にいる人はそこで逃げない。私もそれなりに上を目指して練習しているので、それを試すのも必要だと思った」と覚悟を決めた。

パッティングについても、やはり師匠の言葉がきっかけだった。「絶対入れたいバーディパットとか、何を考えて打っていますか?」という問いに対し、岡本の答えはシンプルだった。「入れることしか考えていない。これが入ったら凄いなとか、入れたらあれを買っちゃおうかなとか…」。

「私はストロークとか、動作のことばかり考えていた」と若林。「それはショットも同じなのかなと」。振り切ること、持ち球を信じて攻めること。それを実践した今週、すぐに結果がついてきた。「思い切り振っても、意外に曲がらないんだなと。そんなに怖がらなくていいんだ」と、自信を手に入れた。

ショートゲームに悩んでいたという東にとっても、周囲に聞くことが解決の糸口だった。「私は生命線であるショットで(チャンスに)つけるのが持ち味だけど、パッティング、アプローチは取りこぼしが多い。だから、アプローチのうまい人に聞こうと思った」と、上田桃子のコーチを務める辻村明志氏、さらに「アプローチが上手いとキャディさんに聞いたので」と古屋京子にも教えを請いた。

「スタンスをオープン気味にして左に振り抜くように。あとはウェッジの下から2本目のラインで球を打つようにやってみたらと言われてやったら、イメージ通りにできた。それをアレンジしながらコースでやっている」と東はいう。

これまで、54度のウェッジは「強く入ってしまいそうで」敬遠していたという東だが、今では58度とともに、「自信を持って使えている」とアプローチのバリエーションも広がった。「かなり良い状態だと思う。コースも好きだし、明日からもっとバーディを獲って、ピンチが来たらリカバリーして上位に行きたい」と、週末に向けた意気込みにも熱がこもった。(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

最終更新:6月24日(金)19時45分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]