ここから本文です

歌手ホン・ジニョン、映画「ラヴソング」挿入歌「月亮代表我的心」を韓国語でリメーク

WoW!Korea 6月27日(月)9時52分配信

韓国歌手ホン・ジニョン(30)が映画「ラヴソング」(1996、香港)の挿入歌「月亮代表我的心」(歌:テレサ・テン)をリメークし発表する。

 ホン・ジニョンは来る28日昼12時に、各オンラインサイトを通して「月亮代表我的心」を韓国語で歌ったリメークバージョンを公開する。

 ホン・ジニョンがリメークして歌った同曲は韓国語と中国語の2バージョンで制作された。特に、ホン・ジニョンは歌手デビュー後初めて作詞家としてデビューし、韓国語バージョンの歌詞を手掛けた。

 ホン・ジニョンの所属事務所ミュージックKエンターテインメントは「『ラヴソング』は韓国国内でも大きな人気を集めた中華圏の映画である。『月亮代表我的心』もまた愛された楽曲」としながら、「ホン・ジニョンが韓国語詞を書いたことは意味深く、本人もとてもうれしく思っている」と伝えた。

最終更新:6月27日(月)9時52分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。