ここから本文です

<今週シネマ>25日公開の映画 「TOO YOUNG TO DIE!」「日本で一番悪い奴ら」「嫌な女」…

まんたんウェブ 6月24日(金)22時40分配信

 今週末に公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。25日には、人気グループ「TOKIO」の長瀬智也さんの主演作「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」(宮藤官九郎監督)、綾野剛さん主演で実在の警察の不祥事をベースにした「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)、女優の黒木瞳さんが初監督を務めた「嫌な女」が公開される。

【動画まとめ】25日公開の映画予告編

 「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」は、NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本などで人気の宮藤さんが監督・脚本を手がけた最新作。神木隆之介さん演じる地獄に落ちた17歳のチャラい男子高校生がロックの力で“生還”を目指す……というコメディーで、長瀬さんが演じるカッコよすぎる地獄の赤鬼「キラーK」と神木さんが演じる大助の凸凹コンビが見どころ。また、ドラマーのシシド・カフカさん、ベーシストの清さんをはじめ、Charさん、木村充揮さん、マーティ・フリードマンさん、ROLLYさんらミュージシャンが多数出演しているほか、地獄の楽器店には著名なギタリストの“あるもの”が売られているなど、ロックファンだからこそ楽しめるポイントも満載だ。大助の憧れのクラスメート・ひろ美役で森川葵さん、キラーKの“元カノ”役で尾野真千子さん、えんま大王役で古田新太さん、“超絶速弾きギターテク”を持つじゅんこ役で皆川猿時さんらも出演している。

 「日本で一番悪い奴ら」は、警察幹部が覚せい剤所持などで逮捕され、“日本警察史上最大の不祥事”と呼ばれる実在の事件をベースにした作品。強い正義感の持ち主だが、うだつの上がらない日々を送っていた北海道警の刑事・諸星要一(綾野さん)は、ある日、先輩刑事の村井(ピエール瀧さん)に、裏社会に飛び込んでS(スパイ)を作って点数を稼げと教えられる。幹部の黒岩(中村獅童さん)とパイプができた諸星は、裏社会の情報を提供されながら出世街道を進んでいくのだが……という内容。あらゆる悪事に手を染めた刑事の26年間がテンポよくつづられている。綾野さんが体当たりの演技を見せており、裏社会と密通して上り調子になっていく姿から、堕ちて空気がしぼむさままで、一人の男の26年間の狂騒を演じ切っている。

1/2ページ

最終更新:6月24日(金)23時8分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。