ここから本文です

2DアクションRPG『Salt and Sanctuary』など架け橋ゲームズがローカライズ予定のインディータイトルを発表。BitSummitに出展予定

ファミ通.com 6月24日(金)13時41分配信

文:編集部 ミル☆吉村

●奇妙なRPG『YIIK』のローカライズも判明
 海外インディーゲームなどのローカライズやパブリッシング支援を行う架け橋ゲームズが、7月9日から10日にかけて京都のみやこめっせで行われるインディーゲームイベント“BitSummit 4th”に出展するタイトルを発表した。これらのタイトルは、将来的にローカライズ配信が行われる見通し。

■Ska Studios『Salt and Sanctuary』(PC/PS4)
 ダークなテイストの2Dアクション『The Dishwasher』シリーズなどを手掛けてきたSka Studiosの最新作。ダークソウル系の探索アクションRPGで、プレイヤーは難破船がたどり着いた呪われた島を冒険し、島の謎を解いていく。切り絵のようなグラフィックも印象的。海外では既に配信中で、高い評価を受けている。

■Bithell Games『Volume』(PC/PS4/PS Vita)
 2Dプラットフォームアクションの傑作『Thomas was Alone』の作者Mike Bithell氏によるパズルライクなステルスアクションゲーム。戦闘要素は排除されており、警備の目を逃れてマップ内に点在する“ジェム”を集め、最短でゴールに飛び込むのを目指すタイムアタック式の内容。自作マップを作成・配信できるエディター機能も組み込まれている。今夏に日本語のPS4/Vita版が配信予定で、同タイミングでPC版でも日本語字幕をアップデートで追加予定。

■Ackk Studios『YIIK: A Postmodern RPG』(PC/PS4)
 1990年代を舞台に、(そこそこいい年の)若者たちがカラフルなダンジョンを冒険していく、少し奇妙なテイストのRPG。JRPGに影響を受けつつも、戦闘中に攻撃をする際に音ゲー的なミニゲームをやる必要があったり、その中身はユニーク。サウンドでは菊田裕樹氏らが参加している。海外では今夏配信予定。

■Infinite Monkeys Entertainment『Life Goes On』(PC/PS4)
 秘宝「命の杯」を目指して、罠だらけのダンジョンをなんとか進むパズルアクションゲーム。なんどもリトライして、騎士の命を無駄にしながら、山盛りの罠の先にあるステージクリアーを目指す。海外ではすでにPC/PS4版が配信中。

 これらのタイトルは、BitSummitでは、海外のインディータイトルを集めたIndie Megaboothエリアに出展予定。架け橋ゲームズではこのほか、古代ギリシャ人の群衆となって暴れまくる2Dアクション『Okhlos』をはじめ、海外インディーパブリッシャーのDevolver Digitalのタイトルの出展協力も行うようだ。

最終更新:6月24日(金)13時41分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。