ここから本文です

塩崎厚労相 連合要請に「しっかり取り組む」

エコノミックニュース 6月24日(金)11時35分配信

 塩崎恭久厚生労働大臣は日本労働組合総連合会から「有期契約、パートタイム、労働者派遣、請負など雇用や就業形態にかかわらない均等待遇原則の法制化」などを24日までに要請され「働き方改革は安倍政権にとって最大のチャレンジ。人口減少問題に直面する中で、皆が納得できる人生を歩むために必ず実現しなければならない政策。要請いただいた事項は働き方、暮らし方そのものに関わる問題であり、しっかり取り組んでいきたい」と答えた。

 連合は要請の中で「少子高齢化の急速な進展や雇用者間の格差・貧困の拡大など、様々な課題を抱えている。景気は回復局面にあると言われるが、国内総生産の6割を占める個人消費を喚起するものとはなっていない。多くの働く者・生活者が景気回復を実感するまでに至っていない。また持続可能で安心できる社会保障制度への改革は不十分で、多くの国民が将来に大きな不安を抱えている」と提起。

 そのうえで、2017年度予算に要請の政策を反映するよう求めた。要請では(1)労働時間規制を緩和するのではなく、「休息時間(勤務間インターバル)規制」や「労働時間の量的上限規制」などの実効ある長時間労働抑制策を導入すること(2)医療・介護・保育で働く職員の処遇改善と勤務環境改善を強力に進め人材の離職防止をはかるほか、復職や新たな担い手をめざす人への支援を充実するなど、人材確保対策を強化することなどを求めている。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:6月24日(金)11時35分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]