ここから本文です

金正恩氏による報復テロ指示報道 韓国「可能性は十分」

聯合ニュース 6月24日(金)11時55分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は24日の定例記者会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国の北朝鮮レストランから従業員が集団で脱出し韓国入りしたことへの報復として韓国に対するテロを指示したという報道について、「可能性は十分にある」と答えた。テロの指示が事実か確認中だが、確認は容易でないとした。

 この報道とは別に、外交部の関係者に対し、韓国国民を狙った北朝鮮のテロや拉致の可能性に注意するよう要請済みだと述べた。

 一方、北朝鮮が22日に中距離弾道ミサイル「ムスダン」とみられるミサイルを発射したことに関し、鄭報道官は「(北が)韓国と国際社会の警告を無視しこうした挑発を続けるなら、より強力な制裁に直面することになる」とけん制した。発射は国連安全保障理事会の決議にも違反するとしながら、「政府はこうした挑発を直ちに中断するよう北に求め、強く非難する」と述べた。

最終更新:6月24日(金)14時0分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。