ここから本文です

あんぽ柿施設完成祝う 梁川で披露式

福島民報 6月24日(金)10時34分配信

 JAふくしま未来のあんぽ柿生産新施設「あんぽ工房みらい」の完成披露式は23日、福島県伊達市梁川町の同所で行われた。関係者は県北地方特産のあんぽ柿の品質を高め、作業効率を向上させる新拠点の誕生を祝った。
 あんぽ柿の生産量を確保し、高齢化が進む生産農家の作業軽減を図るため建設した。加工、選別、包装の一連の作業を全自動で行う。エックス線による重量測定や品質を見分ける装置など最新式システムが導入されている。
 菅野孝志組合長は「この施設が一層の産地復興と農業振興への布石になると確信しています」と述べ、JA関係者とともにテープカットし、起動スイッチを押した。
 内覧会も催され、出席者が作業の流れを見学した。

福島民報社

最終更新:6月24日(金)10時48分

福島民報