ここから本文です

浅野忠信、イザベル・ユペールに「大ファンです」と猛アピール

Movie Walker 6/24(金) 18:50配信

フランス映画祭 2016のオープニングセレモニーが、6月24日に有楽町朝日ホールで開催。今年の団長を務めるイザベル・ユペールら来日ゲストや、本年度カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した『淵に立つ』(秋公開)の主演俳優・浅野忠信と深田晃司監督、同部門正式出品作『海よりもまだ深く』(公開中)の是枝裕和監督が登壇した。浅野は「イザベル・ユペールさんの大ファンです」と紅潮しながら挨拶した。

【写真を見る】「次世代のアラン・ドロン」と呼声が高いイケメン、ロッド・パラド

浅野は「実は10年くらい前に来日した時もお会いしていて。また、イザベルさんに会えることがうれしくて。是非、深田監督に僕とイザベルさんを使った作品を作ってほしいとアピールをしにやってきました」とうれしそうな笑顔を見せた。

深田監督も「イザベル・ユペールさんは、ずっと一映画ファンとして見続けてきた女優さんで、同じ壇上に立てるなんて夢のようです」と大喜びだ。『淵に立つ』については「日本とフランスの合作で作りました。私自身、フランス映画を観て育ったので、このような場に呼んでいただき光栄です」と恐縮した。

是枝監督も、イザベル・ユペールとはゆかりがあると言う。「1昨年、モロッコで開催されたマラケシュ映画祭で日本映画の特集がされた時、僕が団長だったんです。その時に壇上で迎えてくれたのがユペールさんでした」と感激する。

さらに是枝監督は、「今年は、黒沢清監督がフランスで撮った作品(『ダゲレオタイプの女』)も公開されます。今後、フランスの映画人との共同製作や交流は増えていくし、増えていくべきだとも思っています。いろんな形でお互いの国の映画が刺激し合い、新しい映画がどんどん生まれていくことを望んでいます」と力強く語った。

イザベルも「コンバンハ!」と日本語で挨拶をした後「日本の文化が好きでとても身近に感じます。溝口(健二)、黒澤(明)、大島(渚)、小津(安二郎)の映画を観て育ちました。また、私は三島由紀夫さんの小説を原作にした映画(『肉体の学校』)にも出演しています。いまも是枝監督や河瀬直美監督、深田晃司監督の作品をたくさん観ております」と日本映画好きなところをアピールした。

フランス映画祭 2016は、本日から6月27日(月)まで開催される。セレモニー後は、『太陽のめざめ』がオープニング作品として上映された。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:6/24(金) 18:50

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]