ここから本文です

劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』バルト9で舞台挨拶“~ありがとうの代わりに好きって言わせて~”開催

ファミ通.com 6月24日(金)23時16分配信

●約800人のファンへ、キャスト陣が感謝のメッセージを送る!
 2016年6月24日、東京・新宿の映画館“新宿バルト9”にて、劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』の大ヒット記念舞台挨拶が行われ、一条シン役・寺島惇太さん、香賀美タイガ役・畠中 祐さん、十王院カケル役・八代 拓さん、鷹梁ミナト役・五十嵐雅さん、西園寺レオ役・永塚拓馬さん、菱田正和監督が登壇した。

 本記事では、その舞台挨拶のオフィシャルリポートをお届け。


----------

劇場版 KING OF PRISM by PrettyRhythm
ありがとうバルト9!大ヒット御礼記念舞台挨拶
~ありがとうの代わりに好きって言わせて~

2016年6月24日(金)@新宿バルト9(東京都新宿区)

本日、新宿バルト9にて、一条シン役・寺島惇太さん、香賀美タイガ役・畠中 祐さん、十王院カケル役・八代 拓さん、鷹梁ミナト役・五十嵐雅さん、西園寺レオ役・永塚拓馬さん、そして菱田正和監督の6名で舞台挨拶が行われました。約800人の動員となり、イベントは客席は暖かい声援の中で、終始和やかに行われました。

舞台挨拶冒頭、約6ヶ月に及ぶ超ロングラン上映になったということで、監督は「嬉しいですね。信じられないですね。本当にありがとうございます」と感想を述べました。

監督と寺島さんは先日関西でも舞台挨拶を行ったということで、寺島さんは「関西のみなさまも、暖かくてノリが良いですし、プリズムのきらめきと言うのは、全国共通なんだな」と言うコメント。

初日の舞台挨拶以来初めてファンの前に立つ畠中さんは、「初日の舞台挨拶からもう半年も経ったとは。そのときよりお客さまがさらに盛り上がっているし、嬉しいです」とのこと。また、タイガがファン投票1位を取ったことに対して、客席から「おめでとう!」の歓声も送られ、畠中さんは「タイガは喜んでいると思うし、カヅキ先輩とプリズムショーやりたいと思うし、これからもタイガを犬のように愛でて下さい」とコメントしました。

また、6月17日(金)に発売になったBlu-ray & DVDに収録されたショートアニメについては、八代さんが「収録の際はすごく楽しかったのですが、改めて見ると、タイガって可哀想だなって」と言う感想。その後、キャラクターのどのキャラクターもいい味で、1人も欠けることが出来ないと言う結論になりました。

8月31日(水)にキャラクターソングアルバム「KING OF PRISM Music Ready Sparking!」が発売が発売されることについて質問されると、永塚さん、八代さん、五十嵐さん共に、自分の曲が良い曲だと主張する場面も。

さらに、舞台挨拶中盤、監督から、「みんなに、言いたいことがありまーす! なんと、キンプリの観客動員数が40万人を突破しました!」と言う嬉しい発表が!
キャストからは、新宿バルト9スタッフ、劇場スタッフ、全国のファンが応援してくれたことに、「ありがとうの代わりに好きって言わせて」と言うメッセージも送られました。そして会場が一体となった「大好きー!」の大合唱とともに、プリズムのきらめきをイメージした、銀テープが発射され、会場を沸かせました。

最後にファンへのメッセージ

寺島「続編があるかは分かりませんが、あると信じてここまでやってきたので、みなさんと一緒に頑張っていきたいと思っています。これからもキンプリをお願いします!」

畠中「長く愛されてファンの皆様に支えられているキンプリに関われたこと、幸せだと思います。これからも応援をお願いします。」

八代「今日会場でみなさんの反応を見て、本当に愛されているんだなと実感できました。これからも応援よろしくお願いします。」

五十嵐「みなさんのおかげで、鷹梁ミナトというキャラクターが成長できました。みなさんなくしては、僕の成長もミナトの成長もありえません」

永塚「この作品はスタッフ、キャストの力もありつつ、みなさんが作って下さった作品だと思っています。ありがとうございます」

菱田「全てはこのバルト9からスタートして、半年経って僕は22回目の舞台挨拶になります。いよいよバルト9の上映は最後かと思ってきたんですが、最後じゃないんですってね? まだまだやるぞ!」

・劇場版「 KING OF PRISM by PrettyRhythm 」Blu-ray&DVD発売中!
・新宿バルト9ほか全国上映中!4DXも全国順次公開!

(c) T-ARTS / syn Sophia / キングオブプリズム製作委員会

最終更新:6月24日(金)23時16分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。