ここから本文です

ヒスロリ、3rdシングル「Cry No More」に欧州遠征からの秘話

BARKS 6月24日(金)21時21分配信

Hysteric Lolita(略称:ヒスロリ)が、3rdシングル「Cry No More」を8月10日にリリースすることを発表した。

◆Hysteric Lolita 画像

今年4月のワンマンライブでメンバーのNoaが脱退し、本作から新体制での活動に臨むヒスロリ。ニューシングル「Cry No More」はヒスロリ初のバラードとなるが、そこには昨年彼女たちが敢行した海外遠征での収穫の一つともいえる出会いがあった。

「Cry No More」でプロデュースを手掛けるのは、過去にレッド・ツェッペリンやオアシス、エルトン・ジョンなど数々のレジェンドを手掛けたキャリアを持つスチュアート・エプス(Stuart Epps)。ヒスロリと彼との出会いは、昨年7月に開催した欧州(パリ・ロンドン)遠征チャリティライブイベント<Smile for Children」>に遡る。

ロンドン開催のイベントゲスト:JOANovARCに会いに訪れたエプスは、そこでヒスロリのライブパフォーマンスに興味を持ち、イギリス滞在期間中にJOANovARCによるヒスロリアルバム収録曲アレンジのリハーサルスタジオにてヒスロリと再会。ヒスロリの帰国後にエプスから直々のオファーが届き、アジア人アーティストとしては初のプロデュースが決定した。

「ヒスロリがイギリスにやって来た時、その演奏を聴く機会があったんだ。その時、彼女たちにピッタリなメロディが浮かんだので、ピアノを弾いてメンバーに聴いてもらい、お互いに共感し是非一緒にやりましょう、という事になったんだ。」── スチュアート・エプス

また、リードトラックのほか収録曲には、ベーシストBasil初の作詞作曲「超蝶々」含む全3曲を収録。CD+DVD(日本語詞)の発売に加え、英語ver.もiTunes等で限定配信される。

ヒスロリは本作のリリースイベント後、東名阪ワンマンライブツアーを9月25日の大阪 阿倍野ロックタウンより開催。チケットはライブイベントでの先行発売を皮切りに、7月10日から大阪・名古屋のみ各種プレイガイドで一般発売される。

3rd Single「Cry No More」
2016年8月10日発売
UMZT-0208 ¥1,200+税
【収録曲】
■ CD
1. Cry No More
2. Raven Wing
3. 超蝶々
■ DVD
・ Music Video
・ Making Movie

ライブイベント情報
■7月7日(木)<ココロイロドル~七夕スペシャル~>
東京:代官山LOOP
OPEN 18:00 / START 18:30
■7月9日(土)<破竹之勢 大阪編 ~うちらバンド友達欲しいねん~>
大阪:梅田Zeela
OPEN 18:30 / START 19:00
【Hysteric Lolita 東名阪ワンマンライブ決定!】
■ 9月25日(日)<Hysteric Lolita 2nd ONEMAN TOUR Hysteric Rock in OSAKA>
大阪:阿倍野ロックタウン
■ 10月10日(月・祝)<Hysteric Lolita 2nd ONEMAN TOUR Hysteric Rock in NAGOYA>
名古屋:ell.SIZE
■ 10月15日(土)<Hysteric Lolita 2nd ONEMAN TOUR Hysteric Rock in TOKYO>
東京:Zirco Tokyo
OPEN 17:30 / START 18:00
料金 / 前売\3,000・当日\3,500(税込)+ 1ドリンク代(別途)

最終更新:6月24日(金)21時21分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。