ここから本文です

矢沢永吉、徳之島でシークレットライブ決行

BARKS 6月24日(金)12時57分配信

6月23日(木)、矢沢永吉が鹿児島県南西諸島の徳之島に現れ、島民限定フリーライブを天城町総合運動公園野球場で開催、全7曲を熱唱した。

◆矢沢永吉画像

「来ちゃったよ、ここへ!徳之島バンザーイ!」という本人からの言葉もあり、南国の太陽の下で矢沢永吉を堪能できるという超プレミアなシチュエーションに、集まった島のオーディエンス達は目を輝かせた。シークレットで開催されたもので、現地でも告知されたのは2日前野21日だったようだ。会場入口で身分証の提示を求め、島民のみが参加できる極めてレアなイベントとなったようだ。

7月27日(水)には、矢沢永吉の2000年以降のライブ音源のみを集めたアルバム『LIVE HISTORY 2000-2015』が発売となる。

<徳之島シークレットライブ2016年6月23日>
1.雨のハイウェイ
2.チャイナタウン
3.ウイスキー・コーク
4.共犯者
5.SOMEBODY'S NIGHT
6.黒く塗りつぶせ
7.止まらない Ha~Ha
8.二人だけ

最終更新:6月24日(金)12時57分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。