ここから本文です

アリさん「シュレッダー係」異動から1年、「元に戻して」署名2万5000人分提出

弁護士ドットコム 6月24日(金)19時12分配信

「アリさんマークの引越社」で知られる引越社関東(東京)で、営業職だった30代男性が「シュレッダー係」に異動させられてから、まもなく1年をむかえる。男性が加入する労働組合は6月24日、男性を元の職場に戻すよう求める署名約2万5000人分を会社側に提出した。男性は「会社には、ことの重大さを早くわかってもらいたい」と話した。

●「全国から紙が送られてくる」

男性は2011年、引越社関東に入社した。長時間労働なのに残業代が支払われず、しかも営業車の運転中に車両事故で弁償代を請求されたことから、男性は2015年3月、個人で入れる労働組合「プレカリアートユニオン」に加入した。

ところが、組合加入がきっかけとなって、会社側は同年3月、男性を営業職から「アポイント部」に配置転換。さらに、同年6月30日、一日中シュレッダーをかけるだけの仕事に異動を命じた。この間、会社とは団体交渉や訴訟もおこなわれているが、男性は「シュレッダー係」のままだ。

男性は、弁護士ドットコムニュースの取材に「出勤から退勤まで何も考えていません。『無の境地』です」と語る。シュレッダーにかける紙はそんなに多いのか−−。こう問いかけると、男性は「関西や名古屋などから、シュレッダーにかけるための紙が送られてくるんですよ」と答えた。

●組合「真剣な話し合いで解決する姿勢を」

プレカリアートユニオンは昨年から、オンライン署名サイト「change.org」を使って、男性を元の職場に戻すよう求める署名をつのっていた。この日までに、約2万5000人分の署名が集まり、男性や組合員など約10人が引越社関東本社ビルにつめかけて提出した。その際、男性らが「よろしくお願いします」と訴えたが、会社側の担当者はほとんど言葉を発しなかった。

プレカリアートユニオンの清水直子執行委員長は、弁護士ドットコムニュースに対して、「署名には多くのコメントがついた。共感が広がっている」「会社はこの間、誰の得にもならない対応をしてきた。真剣に話し合いで解決する姿勢を見せてほしい」と話していた。

弁護士ドットコムニュース編集部

最終更新:6月24日(金)19時12分

弁護士ドットコム

【生中継】小池百合子都知事の会見