ここから本文です

少年と女だけの島で目撃する奇妙な医療行為、『エコール』監督の新作

CINRA.NET 6月24日(金)20時48分配信

映画『エヴォリューション』が、11月から東京・渋谷のアップリンク、新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

【もっと画像を見る(14枚)】

『エヴォリューション』は、ギャスパー・ノエのパートナーであり、2004年の映画『エコール』の監督も務めたルシール・アザリロヴィックの新作。少年と女性だけが住む人里離れた島を舞台に、奇妙な医療行為の秘密を探る少年ニコラが、海辺で「ある行為」をする母と女たちを目撃するというあらすじだ。

なお同作は『フランス映画祭2016』に出品。6月27日に東京・有楽町朝日ホールで上映される。

また『エコール』の上映イベントが、6月26日に東京・飯田橋のアンスティチュ・フランセ東京で開催。当日はルシール・アザリロヴィック監督と塚本晋也がゲストとして登壇する予定だ。入場は無料となる。

CINRA.NET

最終更新:6月24日(金)20時48分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。